スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろうに剣心(実写)ネタバレあり

今回は映画るろうに剣心、京都大火編、伝説の最期編の感想です。
とはいっても真面目な感想ではなく「これはどうなの?(笑)」といものを列挙するだけです。先に断っておきますが、映画全体としては十分満足してます。アクションもキャスティングも文句なし!
原作との違いはありますが、これは実写版であって、実写映画として…とういうより一般受けするため…面白くするならやむを得ない変更も当然あります。それを考慮しても良い映画だと思います。
なんといっても藤原達也の演じる志々雄真実は見る価値大です。

さて、前置きはこのぐらいにして、
これ以降ネタバレ含むのでこれから見る人は見ないように。
~京都大火編~

・四乃森蒼紫の狂気
この人、出てくるたびに「抜刀斎はどこだ?」と言います。いや、むしろこれしか言ってる記憶が無いぐらいコレしか喋りません。
ひたすら「抜刀斎はどこだ?」と言うだけならともかく(?)、京都大火編では結局会えず、最期に独りで「抜刀斎!!!!」と叫びます。
そもそも劇中の設定では四乃森蒼紫は過去に抜刀斎に会ったことはなく、顔も知りません。追う理由も抜刀斎に対しては別に恨みがあるわけではありません。
なのにこの「抜刀斎はどこだ?」「抜刀斎!!!!(独り叫び)」
完全に変な人です。
まぁそれが狙いならそれでも良いんですが、そんなに狂気に走って挙句叫びだすようなキャラだったか頭を抱えました。



・相楽左之助の斬馬刀
一作目で登場したときは「それも再現するのか!」と関心したものです。
が、最期の戦闘シーンでは敵に投げつけたきり放置されました。きっと邪魔だったのでしょう。

そして京都大火編…また持ってる!!!!!
きっと前作の戦闘の後にわざわざ回収したのでしょう。捨てるには惜しいと思ったのかもしれません。さて今回の戦闘ではどうやって活躍するのか・・・っと思ったらまた投げた!!!!!
いや、もうね、邪魔なら置いてこよう?



・斉藤一の牙突
前作では出し惜しんだ割に活躍は微妙なものでした。近作は冒頭から早速牙突の構えを!!!!
するだけで出しません。
そこから戦闘シーンはあってもやっぱり牙突は使いません。
もうこれ出す気ないな?



~伝説の最期編~

・相楽左之助の斬馬刀
京都大火編で投げ捨てた(?)斬馬刀、また持ってきてます
そして今回も投げます
もう、置いて来いよ!!!!!!!!!!



・硬い相楽左之助
とにかく硬い。血を吐こうが瀕死にされようが関係なし。しかも刀で斬られることが(恐らく)一切なく、殆ど不死身キャラ。
場の雰囲気を良い意味で破壊していくので他の主要人物と違ってスポットは当たりにくいですが強烈に印象に残ります(笑)
ちなみに志々雄からは最後まで眼中になく「誰だお前?」「お前では相手にならねぇ」などと言われつつフルボッコにされます。でも起き上がって襲いかかります。もうゾンビです。志々雄のいかにも「こいつ邪魔だな」という感情が「邪魔だ…!」という台詞とアクションから滲み出ています。
ちょっと文章では分かりにくい所ですが見ればきっと分かると思います(;^ω^)




・神谷薫の眼
剣心が志々雄を倒した後の薫との再開シーン。

薫「無事ね」
※「無事で良かった」だったかも?

剣心は服はボロボロ、腹は貫かれ、一人では立っていられない状況を見た時の薫の台詞です。薫の眼は節穴ですね。
まぁ他に言葉が思いつかなくて、生きていたという事実のみに着目すれば分からなくもない台詞だが、せっかくの再開シーンなんだから違和感のない台詞を選んで欲しかったとは思います。

最後に改めて、こんな野暮なツッコミなんてどうでも良いぐらいの良映画です。原作にこだわらずにも見れるので、まだ観てない人は肩の力を抜いて見て欲しいですね。
…ってネタバレ後に言ってもね…。

ここまで読んだ人は見る気ないでしょう?(笑)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。