スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日はラッキーな一日だった

先日の話。

友人と出掛ける約束をしたものの、集合場所に5分ほど遅刻確定なタイミングで家を出てしまった。
連絡するか迷ったけれど、友人は家を出てしまっているはずなので連絡より待たせる時間を減らすべく道を急ぐことにした。
今更だけれど、こういう時はやっぱり連絡すべきだ。相手のことを思えば、例え遅れる時間が少しにせよ、そのことを知っているか知らないかで与える影響は大きいはずだ。

道を急ぐ中、問題は信号と踏み切りだった。もし信号でいつもより多く赤信号につかまれば余計に時間が掛かる。
踏み切りは下手をすれば…言うまでもない。

しかしこの日は意外なことにノンストップで進むことが出来た。つまり一回も信号につかまらず、踏み切りに道を遮られることもなかった。おかげで当初の予想より僅かながら早く着くことが出来た。

勿論、友人を待たせたことに変わりはないので悪い事をしてしまったのだが…しかし「ラッキー」と思ったのも事実。

そして友人と合流。実はこの時お互いノープランという酷いあり様。少し考えた結果、映画館へ行くことに。
個人的な希望により以前から見たかった「パイレーツオブカリビアン生命の泉」を観ることにした。字幕でも吹き替えでも、2Dでも3Dでも良かったが、時間帯の都合で吹き替えの3Dを観ることになった。

映画館に着き、チケットを購入。座席に不安があったが希望通りの座席があった。やはり今日は運が良い。

会計時に、2800円と言われて先に払う友人。次に自分の番…なのだが店員の様子がおかしい。
どうやら「支払いは終わった」らしい。つまり店員からすれば様子がおかしいのは自分の方だ。

二人で2800円?

これはおかしい。チケットの相場を正確に覚えていたわけではなかったが、3D上映の映画で一人1500円もしないのは聞いたことがない。
上映まで時間があるので少しぶらぶらしようと映画館の外に出た時に気づいた。

「映画1000円の日」

これはついてる!3D映画がこの価格で見れるなんて…!
映画の内容もバルボッサ好きな自分にとっては満足の出来る内容で良かった、と思う。映画館で見ると過大評価してしまうので「思う」と言っておく…。

これだけ?と思うかもしれないけれど運が良いことが重なるなんて本当に良い日だったと思った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。