スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークサイダーズその1

予定通り、小分けに書いて行こうと思う。とりあえず序盤~最初(?)のボスまで。といってもストーリーを書くわけではないよ。あくまで進行状況とその場での感想。

ちょっとやった感想は既に散々各所で言われている通りで、簡単に言えば「海外版ゼルダ」といったところ。
GOWの操作とは全く異なるので大分戸惑ってる(;^ω^)
それでも相変わらず打ち上げ→コンボ、掴みが便利なのはアクションゲーム共通。

このゲームは道端に捨ててある車や、電柱(?)、椅子、机で攻撃出来る。最初は「なんて豪快な!」という感じだったのだけれど、とんでもない罠が待っていた…。
実は「掴む」コマンドと「物を持つ」コマンドが同じでせいで「掴み」で倒そうとしたらいつの間にか「物を持つ」をしていた、という事態が多発。
おかげで重量上げポーズで机を持ち上げた主人公が雑魚敵にボコボコ殴られるというマゾもびっくりな事態に陥る。

「掴み」で即死する雑魚はそれをした方が楽な上に、この方法で倒すと体力ゲージが回復するのでどうしても「掴み」をしたくなる。しかし何故か重量上げ…ちなみに物を持っている間は回避やガードが出来ないのでやはりボコボコと殴られる。しかもこのゲーム結構敵の攻撃が痛いんだ…。

そしてある時、武器を持つ雑魚が出てきて、雑魚の亡骸は消えて武器だけ残しているから脳裏によぎった、「これ拾えるんじゃ!!!!?」

…何も出来ませんでした。

拾えもしない、壊せもしない…いったい何のために残していったんだ!!!!
亡骸と一緒に消えない武器があればそりゃあ釣られますって…。

とにかくストーリーとゲームの展開もこの段階では結構良い感じ。
どう見ても風のブーメランな武器が素敵だったり、ボス戦もゼルダのような感じでネタさえ割れればもう…と思ったら途中ガチ戦闘?っぽくなって焦ったり、思っていたよりずっと良い(?)
画面のカクつきがやや気になる所だけれど、良い部分が目立ってる。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。