スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の意味での生存報告

大地震が起きましたが生きてますよー!

震度5弱の地震に遭ったものの、自分の住んでる地域は津波の心配が無く、停電さえ起きなかったという本当に幸運な場所でした…。今でも余震はあるものの弱い震度です。家族、仲の良い友人、知り合い全て無事なので本当に良かった。

震度5弱であれほどの地震…景色の揺れが分かる、立ってられない…は今まで遭ったことがなかったけれど、これ以上のことが更に北で起きたのだから恐ろしい。
テレビ中継で津波で家屋が流れる様子が写されていたりしたけど、同じ日本の光景とは思えない惨状だった。家が簡単に押しつぶされて形が無くなり、集落一帯が全壊しているのを見ると津波の威力がどれほど大きいかよく分かる。
ここより北や東では更に大きな余震、津波が続いているようで心配です。

こんな惨状にアメリカが支援を申し出てくれているのは嬉しいことで、政治的な見方を抜きにして国を超えた思いやりとして感謝したいところ。

追記:なんでも電力供給のために被災地以外でも停電をしていくかもしれないらしい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。