スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初は知らなくてもいいでしょう?

この前友人と映画「GANTZ」を見てきた。自分は原作を全く知らない状態で見て十分楽しめた。

この手の漫画原作の映画には毎回思うことがある。それは、原作を知っている人とそうでない人の評価が凄く激しい!
ぱっと思い浮かぶものでは「デスノート」や「カイジ」が顕著な気がする。原作を知らない人は映画自体を純粋に楽しめると思う。
一方原作を知っている人からすれば「大事なシーンが省かれている」「展開が知っているものと違う」など原作との違いに落胆する場合が多い。
それもそのはずで、映画は尺の都合上どうしても原作のストーリーをある程度まとめていかなくてはならないし、原作を知らない人にも見てもらえるようにそれを話が合うように構成し直さなくてならず、どうしても原作を知っている人の期待全てに応えられない。
そして原作は漫画なので当然実際の人間ではなく、それを見た人各々がそれに対するイメージを持っている。そのため映画で抜擢されたキャストと多かれ少なかれどうしてもイメージの食い違いが生じる。
勿論原作の再現度が高く、キャストのイメージが大衆の持つイメージに近ければ歓迎されやすいはず。しかしそんな都合の良い役者がいるわけでもなく…。
これは仕方のないことだけれど、そういった事情も踏まえて「原作をある程度まとめて、多くの人に受け入れられるように一般化(?)したもの」として見ると激しい評価も変わるのではなかろうか。

とはいえ原作ファンを確実に裏切るようなものはフォロー出来ないし、つまらないという評価自体を否定することはしない。そう思ったならそれで良く、その人自身の率直な感想で良いと思うからだ。
ただ、原作と違うことが、つまらないことと同義であるような評価は惜しい気がするね。
スポンサーサイト
コメント

No title

くろめさんの文章は分かりやすくて綺麗だなあ…
自分もこんな自然に文章がかけるようになりたいです

よし、アバター観に行くか…

Re: No title

いやいや自分の文章なんて真似したら駄目ですよ!w
何言いたいのかよく分からなくなることもザラです(;^ω^)

アバターは良い映画でしたよ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。