スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと一ヶ月切ったので~その2~

気付いてしまった…ボウガンを除く武器10種から2つずつ書いていくつもりだったけれどガンランス、狩猟笛、弓はまだ分からないじゃないか…。
とりあえず続けるとして、これらの武器はどうするかは未定にしておきます;

・太刀
リーチ、攻撃範囲に優れ、更に全武器で唯一「前方以外に」移動しながら攻撃も出来る特徴を持つ。
武器作成時、大剣と派生を共有することが多いが大剣とは全く性格が異なる武器だ。
一撃の威力は大剣より弱いので単発でのヒット&アウェイには向かず、逆にモンスターに張り付いて手数を稼ぐことで真価を発揮する。
片手剣のように小回りが利く攻撃モーションではないが、リーチと攻撃範囲に優れるため密着する必要もなく、移動しながら攻撃出来るため張り付いて手数を稼ぐことはそれほど問題ではない。練気ゲージによる攻撃力上昇も手数を稼ぎ、それを維持することがポイントになってくる。
また弾かれる部位が多い(=肉質が固いモンスター)にはリーチと攻撃範囲が逆に足を引っ張る場合があるが、鬼人ゲージさえ溜めることが出来ればある程度解決出来る。
ガード不可能で手数を稼ぐ必要な武器全般に言えることだが、多少なりともプレイヤーの知識、技量が問われることが多い。

ソロでは武器の特性を活かし存分に戦えるだろう。その一方でPTプレイでは周囲のメンバーに気を使う必要が出てくるのもこの武器の特徴だ。
リーチが長く、攻撃範囲の広い攻撃を周囲にメンバーが群がっているところで振り回していては煙たがられるのは必至。他の武器次第ではあるがスーパーアーマーが無い、または維持出来ない武器を持使う仲間が居る時は譲り合って快適な狩りを心掛けたい。

・双剣
太刀とは違い、リーチが短く攻撃範囲は狭い一方、爆発力と小回りが利く点で勝っている。
この武器の何よりの魅力は全武器屈指の爆発力(=瞬間火力)だ。
「乱舞」が特に強力で大きなダメージを与えることが出来る。「乱舞」使用中は無防備であり、その後の隙も大きいのでこれに頼り切った戦法は危険が大きいが、しっかりチャンスを逃さず当てていくことがポイントになるだろう。
上手く扱うにはスタミナを消費し続ける代わりに攻撃力が上がる鬼人化と、その状態で鬼人ゲージ溜めることで機動力が上がる鬼人強化を使いこなしていく必要がある。
大きな爆発力を持つ一方で、スタミナや鬼人ゲージの管理に忙しく、太刀同様かそれ以上にプレイヤーの技量、知識が問われる部分が大きい。

ソロでは片手剣同様にリーチの欠点を持つため、モンスターとの相性が顕著になることが大きい。しかし片手剣が多様な戦法で解決しようとするのとは異なり、持ち前の爆発力で半ば強引に解決していけることがある。
PTでは攻撃のチャンスが増えるため、より攻撃的に立ち回れる。攻撃範囲が狭いおかげで他のメンバーと共存しやすいのも利点だ。

※文を更新、変更する可能性大です。

次回へ続きます(;´∀`)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。