スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうワンチャンを何回か

分かっていたつもりで全然分かっていなかった起き上がり、受け身の攻防。
今回はそれのまとめをしていこうと思う…ちなみに意識しだしたのは結構最近^^;
まずは前提、

起き上がりは、ニュートラル、前転、後転、その場起き上がりの4種類。
※とはいえ相手が目の前に居る状況でその場起き上がりをすることは皆無なので今回は考えず3種類。
受け身は、ニュートラル、前方、後方と選んでする空中受け身、着地際にする緊急受け身。

それぞれの特徴は省略。
注意点は技によって取れる受け身が違うこと。
例えば3C地上ヒット時は緊急受け身不可能だけど、空中ヒット時は不可能ではない
つまり空中判定状態の相手に3Cを当てれば緊急受け身に攻めれるということ。
なので移動起き上がり中やダウン時した相手に当ててもOK。


〇3C地上ヒット後、コンボ~5C〆(=5C空中ヒット)
緊急受け身不可。ヒットが初段なら追撃。
起き上がりの読み合い。

・ニュートラル
ステ4択。

・前転
打点が低い技を出すことで移動自体を狩れる。ヒット時は浮くので空中受け身を狩りにいく。その時は、前方はジャンプして空投げ、後方は低ダして空投げ、緊急は着地攻め。ジャンプを6Aで狩った後も同じ状況なので意識しておくと良い。
移動を狩る技で使いやすいのは、後隙の少なくリーチも良好な2B。
またヒット時のリターンの大きい5Cも良い。3Cで狩れば緊急受け身に攻めれる。但しどちらもニュートラル受け身をされると微妙な状況。

・後転
低ダからJ攻撃重ね。

移動起き上がりも読めれば起き攻め出来るとはいえ、画面端でもない限りそう毎回起き攻めするのはやはり無理。
なので以下の状況も利用していきたい。

〇コンボ~5C>3C〆、~3C>3C〆(=3C空中ヒット)、6Bヒット後
緊急受け身が出来る。しない場合は少ししてから起き上がり可能?…でもしないと起き上がり出来るようになる前に攻撃食らうはず?
空中受け身は出来ない。

・緊急受け身に起き攻めステ4択

緊急受け身するorしないの選択はあるものの、「しない」ことに大きなメリットはないので択る絶好の機会。

これだと緊急受け身狙っていけばOKみたいになるけれど、相手にとってはリバサポイントでもあるのがネック。
蛇翼崩天刃など強い地上切り返しがある状況では寧ろ、ダウンさせずに受け身を取らせて攻めを継続する方が良い場合もある。
例えば3C地上ヒット時に、3Cではなく2Bで〆れば相手は浮いた状態で受け身を取ることになるので地上無敵技を出せない上に、こちらは受け身狩り出来る状況に。


とまぁ当たり前なことやら何やら長々書いてみたけれど、緊急受け身取らない場合にその後どう状態が変わっていくのか未だに分かっていなかったりして、かなり怪しいまとめになりました(;^ω^)
まぁ3C地上ヒット時や5C空中ヒット時に追撃出来る事から無防備な時間があるのは間違いないので、「緊急受け身をしない」というのはかなり限定された状況だと思う。テイガーのGETB重ねが恐いとかね。

長くダメージの高いコンボに目が行ってJ2C>3C>3Cとか軽視しがちだけど、その後の状況やゲージを考えると寧ろ重要な気がした(;´∀`)
とはいえ3C自体はそこまで強気に振れる技じゃないんだけどw
ハクメンが画面端で一気にラッシュをかけられるのは今回書いたことが関わっている…よね…。

メモから転用する段階で「まとめ直すの面倒そう」って放置してたけれど、やっぱり面倒だったよ!\(^o^)/
※ここに書いた時点でメモよりまとまったものになるので、書くことで理解が増していると言っても過言ではない('A`)

追記
とりあえず見てから2Cとか空投げ出来るとGood!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。